温泉の風呂桶

百花の里 城山温泉

越後新発田の名湯「百花の里 城山温泉」は食事も自慢の日帰り温泉です。

 

越後の名湯 健康づくめ
ゆったり癒せる名湯

10.jpg
​新発田の奥座敷
09.jpg
名湯 美人の湯
04.jpg
歴史を秘めた"城山"
top_banner_kosodate.jpg

​新潟日帰り温泉パラダイス(2022-23版)記載ミスがございましたので訂正致します。
持ち込み〇→訂正→持ち込み×
※当館は飲食物の持ち込み禁止です。

日帰り温泉パラダイス訂正_page-0001.jpg

城山温泉 最新情報

2022年7月6日​更新

★人員不足の為当面の間、食事メニューの内容・受付時間の変更をさせて頂きます。

   大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程宜しくお願い致します。※詳しくは[新着情報]又は[サービス特典]からイベントカレンダーをご覧ください。

★タオル券付き入場券セットを販売開始致しました!new!詳しくはこちら
★2022年7月のイベントカレンダーをUPしました。こちら

 【夏休みくじ引き企画

​★新プラン開始しました。

 新発田和牛しゃぶしゃぶプラン新発田産パイオニアポークしゃぶしゃぶプラン

​★学割はじめました。詳細はこちら

畳縁

城山温泉について

◆営業時間:午前10時~午後9時(午後8時 入館受付終了)
◆ご飲食時間:午前11~午後8時
 (オーダーストップ/午後8時)

※1階休憩室

平日:午前11時~午後3時30分
土曜・日曜・休日:午前11時~午後4時30分


※人員不足の為、2022年1月24日より当面の間お食事メニューの内容・受付時間の変更をさせて頂きます。※詳しくは[新着情報]又は[サービス特典]からイベントカレンダーをご覧ください。


               
◆休館日:毎月第1木曜日・第3木曜日

※変更となる場合が御座います。

08.jpg
09.jpg

"城山温泉"命名の由来

当温泉より見える手前の山が城山であります。最上部は狭いながら戦国時代に作られた城の主部(実城、のちの本丸)で、防備のために階段状にいくえにも段がめぐらされている。尾根にはV字型に喰壕が刻まれていて、この時代の典型的な山城の要素を備えている。
 

1582年(天正10)年9月、京都では織田信長が本能寺の変で倒れたが、信長と結んで上杉景勝と対戦していた新発田重家はこの年9月、押し寄せた上杉方の大軍をこの麓の法正橋で大いに打ち破った。その戦いを眼下に見下ろしたのが、この城山である。この山の名から命名致しましたのが、当温泉の名の由来でございます。

01.jpg

つるつる、すべすべ。

肌に優しく、保温効果抜群の
“とろみの湯”

​アクセス

◆JR新潟駅(南口)より車で 約50分 (国道7号線 新新バイパス競馬場IC~月岡温泉経由)
◆JR新発田駅より車で 約10分(国道290号線・月岡温泉方面)
◆日本海東北自動車道・豊栄新潟東港ICより約30分(月岡温泉経由)
◆日本海東北自動車道・聖籠新発田ICより約20分(国道460号線新発田南バイパス~国道290号線)
◆磐越自動道・安田ICより約35分(国道290号線・新発田方面)

【所在地・連絡先】
〒957-0042 新潟県新発田市浦1040-1
(国道290号線 月岡温泉近く / 新発田城カントリー倶楽部隣り)
TEL 0254-21-2626    FAX 0254-21-2680